お気に入りのデニムの流し輩、きをつけていらっしゃる業者。

どんな風にデニムを流しますか?
デニムを洗うときは一般的に家で自分で洗うと思いますが、洗濯してから、あーあこういう色つやが気に入ってたのに色つや落ちしてしまった。などの積み増しはあると思います。
予めデニムに使われているインディゴ染料は、水の影響で色つや落ちや色つや入れ替わりがしやすいことと、収縮して仕舞うことです。
ただ洗わずに何回も履いていると、気になりますよね。異臭など、不浄もついてきてしまう。
ただデニムは皮と一緒で育て上げるというため楽しめますので、色つや落ちを是非楽しんでいって頂きたいですね。

ただ小綺麗を保つ為には洗うことは必須なので、こちらがオススメしていのは手洗いだ。
手洗いでゴシゴシと硬い力で擦り付けるのではなく、水を貯めてその中で押し洗いだと織地を傷めずに済むと思います。
洗剤は用いません。
水温は30たび以下でお願いします。
温度が高いと織地を傷めて仕舞う予報と色つや落ちが激しい早くなって仕舞う可能性があるからだ。
干し者は裏返してお天道様陰干しがいいでしょう。お天道様に当ててしまうとまたまた色つや落ちを早めてしまうと思うので。
善悪参考に!http://www.fndg.co/acom/acom-barenai.html

定年退職後の第二の人生をどう生きるか考える

60歳で定年退職し、通信制の大学に入学したという人の話です。小論文と書類審査で合格したときは感動したそうですが、段ボール箱で送られてきた教科書や参考書の多さと、夏季スクーリングへの皆の真剣な参加態度に驚いたといいます。10代から80代までさまざまな職業の人が集まり、いろんな出会いもあったそうです。教室は最前列から埋まり、私語、飲食をする者など一人もいない授業風景で、皆の真剣な態度に身が引き締まる思いだったといいます。その人は定年間際に、第二の人生をどう生きるかを考えたそうです。学生時代にやり残したこと、職業人としてつきつめたかったことを取り戻そうと考え、通信制の大学への入学を決めました。すでに定年退職までのカウントダウンが始まった私も、第二の人生のことを考えなければと時々思いますが、日々の生活に流されていくばかりです。この人の話を聞いて、私も第二の人生は何かを学ぶことをやっていきたいと思いました。