財政破産は終わる情報、する説、いろいろある。

国内が20層後に経済破綻するという意見と、増税するから破たんは終わるという意見。
破綻するなら初期のうちに、早めにやっておくべきだと身なんかはおもう。
経済破たんしたら、年金に頼って暮らしている人物と、家計保護者がともかく死ぬ。
日本にホームレスがあふれる。
経済破綻してもいいんじゃないかな。年金と家計手助けの改革にのぼるなら。
そしていちからガラガラポンして、やりなおせば相応しい。
環境才能は落ちているだろうけれど、ちょっと人口も要るだろうし、
国内を出て行きたい若い人は、勝手に出て行けばいい。
国内はゾーンに爺さんが住んで、恐ろしい勢いで困窮国に罹る。
例年、増税につぐ増税。各種ところからタックスが無くなる。
そして、給与TAXも年金掛け金も厚生年金も壮健保険も、馬鹿伸びる。
どうしても、40百分率近くの富を取られているのだけど、勤め人は黙って従うしか乏しい。
節税もできない。
これが、60百分率ぐらいまであがって、需要TAXは18百分率ぐらいまで出向く筈。