友人達とバーベキューをしに地元の河原に行ってきました

毎年になるのですが夏の季節になると友人達と一緒に地元の河原に行ってバーベキューをしているのですが、今回もそれを無事に行う事ができホッとしています。

1ヶ月ぐらい前に打ち合わせをしてバーベキューをする日を決め、各自の役割分担を決めて当日を待つ感じとなっているのですが、今回もスムーズに対応する事ができたので良かったです。

河原でバーベキューをやるのでしっかりとマナーを守り、バーベキュー後の後片付けもしっかりと行い周囲のゴミ拾いを行いその場をあとにしています。小さい頃から皆で遊んできている河原であるので思い出がある場所となっていて地元にとどまっている友人らと一緒に童心にかえった気持ちでバーベキューをしている感じとなっています。殆どの同級生達は都心部側に出ていってしまいましたが数名は地元にとどまってくれているので凄く嬉しいです。

バーベキューを楽しみながらお酒を飲み懐かしい思い出を話しながら有意義な時間を過ごしたりしています。ミュゼ プラチナム ログイン

ぼくが志すおとなチャーミング間柄とは何か。欲望って苦しい。

前月、ほしい漫画を貰うために立ち寄った書店で5年齢風くらいに洋服誌を購入した。
それからひと月ほど、わたくしは多少なりともおしゃれに、かわいらしくなりたくて今までサボっていたメーキャップを毎朝始めるようになった。
マスカラもチークも新しく買い付け足し、今日もアイブロウがなくなったので買い付け足しにいったところです。
その時「わたくしは如何なる女性になりたいのだろう、大人チャーミングってなんだ?」一品をポイントについつい思った。
顔立ち的にどうしてもエロつながりにはなれないがコイツでもわたくしは大人済みの初々しい夫人です。
今まで無頓着だっただけでそれなりに美しくなりたいという気持ちは持っている。
周りの同僚がずっと素晴らしくなり、伴侶を見つけて出向くのを見て焦ってもいらっしゃるわたくしはついつい化粧品店舗で頭を抱えてうずくまってしまった。
こんなにも耐えるなら誰かに談判すればいいのだが、顧客と話すのがさほど得意ではない結果、化粧品店舗のコンシェルジュの皆様は嫌悪です。
呼び掛けられないうちに早速購入して帰ろう、と前月購入した洋服誌に載っていた大人チャーミング系の夫人機種が使っていた物体とおんなじアイブロウをポイントにとりレジに並んだ。
帰る途中、クルマの取っ手を握りながら「少々は誰かのイミテイションでいいのかな。またあの雑誌を買ってみよう。」と一人つぶやいてみた。
いま一年中出会う同僚も「いま可愛らしくなったよね?」と言ってくれていることを思い起こし少し前を対しそうな気がした。